漫画好きの読書箱

好きな本や漫画のネタバレと感想。

姥捨て~介護地獄~ネタバレ感想 まるいぴよこ

まるいぴよこ先生が描く、介護問題をテーマにした衝撃作「姥捨て~介護地獄~」。

ある日突然、自宅に「姥捨て」されてしまった姑との同居から始まる介護地獄に陥った主婦の苦悩が描かれています。

姥捨て第一話ネタバレ

自宅に「姥捨て」にやってきた義理の姉

43歳主婦の佐藤良子は、突然の義理の姉と姑の訪問で驚きます。

 

夫は5人兄弟の末っ子で、義姉夫婦が実家を継いで姑と同居していたのです。ところが、義姉から衝撃的な言葉がでました。

 

「今日から母さんの世話をよろしく。
荷物も送ったから」

 

事前になんの相談もなく、いきなり姑を預ける、と言い出す姉。

「今までうちが面倒みてきたんだから、交代してくれてもいいでしょ」

夫は単身赴任中で娘たちが3人もおり、しかも10年前に亡くなった舅の介護は自分がやっていたので良子は腹が立って仕方ない。

家族にのしかかる負担

舅の通夜の席で「自分たちのほうが行き届いた介護ができる」と姑を引き取ったくせに、いまさらになって押し付けてくるなんて・・・

良子はそのことを姉に思い出させますが、「目上のものに生意気な口をきくな!」と怒鳴られ、結局、姉は姑をおいてさっさと帰っていきました。

 

姑は86歳で足腰が弱り、トイレを使うたびに汚し、さらにはお風呂に漏らしさえして娘達からも「おばあちゃんと暮らすの、もういやだ」と言わしめるほどひどい状態。食べ方が汚く、見ているだけで食欲がなくなる。

もっとひどいのが姑の性格で、気難しいだけではなくわがままの癇癪持ちで、どこも悪くはないのに病院通いが趣味でタクシーでつきそわなければならない。

ほかにやることがたくさんあるのに、毎日姑に召使のように扱われ、自由な時間すらない。口答えすれば「おまえには年寄りをいたわる心がないのか!」と怒鳴り散らす。

妄想で泥棒扱いする姑

姑は妄想が激しく、自分がお金を使ったのに良子に「おまえが盗んだんだろう!このどろぼうが!」と泥棒扱いして責め始めた。

「あんたしかいねえ!この盗人が!!」

やってもいない悪事を責められ、どんなわがままにも耐えて尽くしてきたのに、この扱い。しかも姑は良子を怒鳴ることに生きがいを感じており、責めている間は生き生きとして楽しそうだった。

もはや耐えきれない・・・単身赴任中の夫に帰ってきてもらって、なんとかお金のことは納得させたものの、人のいい夫は「なんとか頼むよ」だけで頼りにはならない。

そして、姑がある日、脳梗塞で倒れて入院し、さらなる地獄が始まることに・・・

姥捨ての感想

わがままで妄想が激しく、自分の下の世話もできない姑に毎日奴隷のようにこき使われ、妄想で泥棒扱いされて怒鳴られるなんて、一体どんな地獄なんでしょうか。

結構、他人事じゃないので、読んでいてゾワ〜っとしました。高齢の義理の両親がいる主婦の人なら、本当にありえる出来事なのでリアリティを感じますよね。

 

年老いた親の介護は子供たちの誰かがしなければならないわけですが、嫁の仕事となると、血のつながりがあるわけではなくお互いに信頼しづらいものです。

夫は仕事をしていますから直接介護できないし、嫁に頼るしかありませんけれども、こんなわがまますぎる姑だったら離婚してでも逃げ出したくなります。

 

義理の姉がすごく腹が立ちますが、お姑さんもなんでこんなに性格が悪いんでしょうかね・・・身の回りのことが自分でできなくなってしまうことについてはしょうがないですけれども、せめてニコニコ笑って孫たちをかわいがってくれるいいおばあちゃんだったらお世話するのはむしろ喜びなんですけれどもね。

介護問題って、いろいろと割り切れないことが多いですが、高齢化社会で避けては通れない問題でもあります。

 

>>「姥捨て~介護地獄~」試し読み