漫画好きの読書箱

好きな本や漫画のネタバレと感想。

QQスイーパー続編「クイーンズ・クオリティ」ネタバレ

最富キョウスケ作「QQスイーパー」の続編「クイーンズ・クオリティ」のネタバレ感想です。

堀北家に住み込みで「掃除屋」の家業を手伝う西岡文のその後の物語と、彼女の中に秘められている「クイーンの力」が明らかにされます。

「クイーンズ・クオリティ」ネタバレ

封じられた記憶

玖太郎の掃除見習い兼、家政婦として堀北家の一員として暮らす西岡文はすっかり一家になじんでおり、今ではもう家族同然。人の中にある心の扉に入り、心を汚す悪意や病にわくムシたちを退治するのが仕事。

文は家も身寄りもなく「呪いの娘」と呼ばれ、本人は気づいていませんが過去の記憶を失っていました。

玖太郎は、文を昔大好きだった女の子「ふゆ」と確信しており、彼女の過去を知っているものの、何らかの理由で記憶を封じているのを暴くのはよくないから、と素知らぬ顔をして過ごします。

庭掃除をして居眠りをしていた文は、幼い男の子が「すきだよ」とキスしてくれる幸せな夢を見ていました。目覚めて玖太郎にキスしたことがあるか、と尋ねる文に、玖太郎は意味ありげな眼差しを向けます。

大切な形見のエルダー

庭に咲くエルダーの見事な花を見て、鉱一とおばあさまから、このエルダーは玖太郎が生まれたときに両親が植えた、大切な形見の木であると教えてもらいます。

鉱一は文に来客があることを告げ、掃除屋の関係者で鉱一の大学の先輩だと言います。文の記憶喪失の理由と「呪いの娘」と呼ばれていた理由を探るために、催眠術の専門家である先輩を呼んだのです。

文のまつげに綿毛が入りそうになり、距離感も考えずに顔を近づけてとってくれる玖太郎。あの人はコミュニケーション下手くそな、コミュ糞だから、と言いつつも何度も危険から救い出してくれた玖太郎に、胸がキュン、となる文。

でも玖太郎には「ふゆ」という好きな人がいるから、絶対に好きになっちゃダメ、と自分に言い聞かせます。文の目的は玉の輿ですが、「人の恋路を邪魔するのは玉の輿道に反する」というポリシーに律儀に従っていたからです。

謎の手品師に襲われ、覚醒する文

これ以上ないほど自分によくしてくれる堀北家の人々に恩返しをして、まっとうに生きられればほかに望むことなんてない。

そんなことを考えていた文を、突然庭に入ってきた侵入者が「通りすがりの手品師です」と名乗り、体中に鋼鉄の鎖を巻きつけて自由を奪い、玖太郎の大切なエルダーの木にガソリンをかけて火をつけようとします。

止めようとしても、声もだせず動けない文。「その木だけは絶対にダメ!」と文の思いが爆発した瞬間、文は拘束を解いて口調が変わり「クイーン」が出現して男に逆襲します。

感想とまとめ

「謎の手品師」は、来客予定の先輩・北原貴也で、催眠術で文を窮地に追い込み、「クイーン」を内側から出させようという試みでした。

堀北一家の大事な文に、とんでもないことをした、とおばあさまと鉱一も大激怒しているのがほのぼのしました。記憶がなく、なぜ自分がクイーンの力があるのかすらわからない文は、暴走しそうになる黒のクイーンの力を玖太郎に止められます。

その力は覚醒しはじめたばかりで、文自身にすらコントロールしきれません。不思議な掃除屋QQスイーパー、そして秘められた謎と、文が封印している「思い出したくない記憶」。それらが明かされる続編になっています。

>>「クイーンズ・クオリティ」無料試し読み