漫画好きの読書箱

好きな本や漫画のネタバレと感想。

漫画「王国の子」ネタバレ感想 びっけ作

びっけ先生の異世界ファンタジー漫画「王国の子」は、ゼントレン国(イギリスっぽい)の王位継承権をもつ王女の影武者として連れてこられた役者の少年が、陰謀のはびこる王宮で生き残りをかけた生活をするお話です。

「王国の子」ネタバレ

影武者の少年

ゼントレン国のしきたりにより、王位継承権をもつ者に影武者を立てる決まりがあったことから、第三王位継承者のエリザベス王女の影武者として、芝居小屋で役者をしていた少年・ロバートが見初められました。

ロバートは男ですが、顔はエリザベスに瓜二つ。病気の弟の面倒を見てくれる条件で劇団から身柄を渡されます。エリザベスの臣下であるウィリアム・セシルはロバートを王女と引き合わせ、姫の衣装をつけさせます。

そして病気の父王の見舞いに行かせて度胸試しのテストをさせられますが、国王自身にも影武者がおり、さすがに正体がバレてしまいます。しかし、弟のエドワードは姉だと疑わずホッとします。

ロバートは最初反発を感じたものの、弟への手厚い看護を見て満足し、影武者として生きることを了承するのです。

王宮内でのエリザベスの立場

エリザベスの父であるヘンリー国王は6人の妃と離婚、処刑で入れ替わっており、エリザベスは2番めの妃・アンの娘でした。母親は処刑に追い込まれ、一度は王位継承権を剥奪されましたが、現王妃の口添えにより第三王位継承者に復活しました。

たくさんの言語を操り、教養を身につけているエリザベス。エリザベスになるためにロバートは勉強させられますが、「この国の連中はほとんど読み書きできない」と指摘し、学んでもそれを活かせないのであれば意味が無いと指摘します。

エリザベスはロバートに言われたことで、市井に生きる人々の暮らしに興味をいだきはじめたのです。

ヘンリー王の逝去と影武者の行く末

ヘンリー王は病気で長い間ふせっており、国政は影武者が国王として立っていました。けれど容体が悪化して息をひきとり、新王にエドワードが即位します。

ヘンリーの影武者であるマシューは当然ながらお役御免となり、王宮を離れますが、役目を終えた影武者の行先は墓地でした。馬車の中で揺られ、毒杯をそうと知りながら飲み干すマシュー。ロバートは、マシューがどこか遠くの穏やかな場所で一生を終えるのだ、と信じていました。

演技だらけのおぞましい王宮

王宮の新王即位の宴に招待されたエリザベスは、ロバートを行かせることにしました。

たくさんの王侯貴族たちが集う宴に、エリザベスにやたらと馴れ馴れしくするトマス・シーモアが来ており、ロバートはエリザベスに恋をしているわけではなく、彼の目的が王位継承権のあるエリザベスを懐柔することだと気づきます。まずいことに、エリザベスはトマスにほのかな恋心をいだいていました。

さらに、新王であるエドワードまでが、影武者だったのです。誰も彼もが演技をしている王宮に、ロバートは息が詰まりそうになります。

その裏で、エドワードの影武者であるジョンは、父親を死罪にされた恨みから、こっそりと毒をいれた飲み物をエドワードに飲ませていき、このことが王位継承者たちの運命を大きく変えてしまいます。

感想

王位継承権をめぐる陰謀は、ヘンリー王の死とともにはじまり、エドワードが毒殺されてますます激しくはりめぐらされます。

顔がよく似ているから、という理由だけで王宮でいきなり王女の身代わりをさせられることになったロバートでしたが、意外と順応が早い?のですんなりと影武者業務をこなしていきます。

イギリスの中世の歴史と人名をそのまま使われているので、別の国設定しなくてもよかったんじゃないのかなあと思いつつも、架空にしておかないと都合が悪いのかな。影武者であるロバートは男性ですから、成長するにしたがってエリザベスのふりをするのは困難になっていくはずで、そうなったときにどうなるんだろう、と今後の展開が気になります。

>>「王国の子」無料試し読み