読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画好きの読書箱

好きな本や漫画のネタバレと感想。

漫画「桃色ヘヴン!」ネタバレ感想 吉野マリ

吉野マリ先生の漫画「桃色ヘヴン!」は、うるわしい乙女な女子高生の桃子がじつは裏で「官能小説家」をしており、それは周囲にはもちろん秘密。けれどもその秘密を全校女子羨望のスーパーモデル・伊縫蘭丸に知られてしまい、彼の奴隷に!?

「桃色ヘヴン!」ネタバレ

椎名桃子はどこにでもいるフツーの女子高生で、清らかな乙女。それは表の顔で、裏の顔は「官能小説家・愛原ジョージ」という筆名で作家活動をしていることでした。桃子の父親はその世界では有名な官能小説家で、「愛原ジョージ」を名乗っており、亡くなった父の代わりにゴーストライターをしていたのでした。

数年前に亡くなった父は書きかけの原稿を残しており、父の金遣いが荒くて借金も残っていたことからやむを得ず桃子は「愛原ジョージ」になったのです。

今のところ、小説の売れ行きはよく、入院している母親と生活のために執筆を続け、学校生活では恋愛や彼氏とは無縁でした。そんな桃子でしたが、学校で王子様的存在であるスーパーモデル・伊縫蘭丸が校内で英語教師とイチャついている現場を見てしまいます。

ネタに詰まっていた桃子はつい、その現場を小説に仕立てて雑誌で発表してしまい、それが蘭丸にバレてしまいます。そして編集者のふりをして桃子の家に乗り込んできて、桃子が官能小説を書いてると突き止め、バラすのをやめるかわりに俺の奴隷になれ、と言うのです。

小説家を続けるためにも、やむなく蘭丸の条件を飲んでしまう桃子でしたが・・・

「桃色ヘヴン!」の感想

とにかくおもしろい!男性経験ゼロの桃子があっはんうっふんな官能小説を書いて、それを必死に隠そうとしている姿も面白いんですが、蘭丸も彼女が借金返済と、家族を養うために一生懸命頑張っているんだと知って、いじわるで「奴隷」などと言いますが、じつは苦労している桃子を彼なりに応援してくれているんですよね。

「奴隷」の桃子に要求するのが、「手作り弁当」というあたりもかわいいです。大金持ちの家の息子である蘭丸は家庭料理に飢えていて、桃子がつくる卵焼きがすっかりお気に入りに(笑)

桃子のお母さんもすごくいい人で、夫は女遊びが激しかったのにもかかわらず「愛される喜びよりも愛する喜びのほうが何十倍も幸せ」なんて言う素敵な女性です。(いいな〜こんなお母さんほしい〜)

遊び人なのに紳士なところもある蘭丸にすっかり愛されている桃子。素直じゃなくて不器用な二人の恋にワクワクです♪

 

>>「桃色ヘヴン!」試し読みはこちら