読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画好きの読書箱

好きな本や漫画のネタバレと感想。

指輪(マリッジリング)を脱ぐ時間~湊よりこ短編集~ネタバレ

漫画「指輪(マリッジリング)を脱ぐ時間~湊よりこ短編集~」は、オトナの恋を描いた短編マンガが詰まっているラブストーリーです。

その中から「蝶の見る夢」をピックアップしてご紹介します。

指輪を脱ぐ時間「蝶の見る夢」あらすじ

裕福な家庭の妻

7年前に裕福なプロパン会社経営の夫に見初められ、結婚したゆらら・周囲からは良縁だと言われ、嫁いで大きな屋敷で義理の両親と暮らしていた。

義父は亡くなって以降、ゆららは体調を崩しはじめ、めまいがして朝起きられなくなってしまった。義理の母は会社社長、夫は副社長として働いており、忙しいのにいつも毎朝「特製の青汁」をつくってゆららに飲ませてくれる。

夫は仕事よりも競馬に夢中になっており、働かず遊んでばかりいた。母親から金をせびり、「この放蕩息子が!」と怒られながらも、義母は息子のやっていることを容認していた。

「うちには跡取りが生まれないんだから」

この7年の間、二人の間に子供はおらず、そう言われても仕方ない。ゆららはチクリとくる言葉にも笑顔を崩さず、ふたりを送り出す。

殺人犯を匿う!?

テレビニュースで話題になっているのは、東京で代議士が刺殺された事件で、容疑者の高柳一馬が父親殺害の指名手配犯として逃亡している、という内容だった。

ゆららはふたりが出かけたあと、簡単な食事をつくり、物置部屋にいる傷だらけの男性のもとに差し入れをした。

その青年こそ、指名手配犯の高柳一馬だった。

夕方突然あらわれて、「助けてくれ!追われてるんだ、かくまってくれ」と必死に頼み、気を失ってしまった彼の姿に、通報する気もなくして面倒を見ていた。


鬱屈した生活

誰かに必要とされるのは、ひさしぶり。

ゆららは一馬の世話をしながら、彼から自分は犯人ではない、誰かプロの殺し屋が父を襲い、現場にいた自分もあやうくやられそうになっていたと説明する。

父親は闇の組織と戦い、警察の悪事を暴こうとしていたため、警察に言ってもぬれぎぬで逮捕されてしまう。

その話をどこまで信じていいのか、と疑うゆらら。そして逃亡犯をかくまったら、自分も捕まってしまうかもしれない。

それでも今のような生活よりはいい、とゆららは彼をかくまうことに喜びを感じ始める。

虐待する夫、義母のあやしい動き

ゆららの結婚生活は、幸せではなかった。

裕福な家族ではあったが、夫はギャンブル漬けで浮気、怠け者で働かず、夫婦とはいえ酔って嫌がるゆららに無理強いして虐待まがいの真似をしていた。

また、義母は調子の悪いゆららを気遣うふりをしていたが、じつはその裏で「特製青汁」に洗剤を仕込んで飲ませていたのだった。

ゆららに迫っていた危険を一馬は知ってしまい・・・

感想

「蝶の見る夢」はオトナの恋、プラス、サスペンステイストも入っているドキドキのお話でした。専業主婦として幸せな結婚をしたはずのゆららは、逃亡犯である一馬を匿ってしまうだけではなく、自分も義母から狙われていた・・・という展開。

お金持ちで良縁だから、で結婚しちゃうとこんなこともありえそうですよね〜。

湊よりこ先生は「セフレの品格―プライド―」が大ヒットしていますが、大人同士の恋愛を描いたらピカイチです。

>>「指輪(マリッジリング)を脱ぐ時間」試し読み