漫画好きの読書箱

好きな本や漫画のネタバレと感想。

漫画「影野だって青春したい」ネタバレ感想 北川夕夏

北川夕夏先生の漫画「影野だって青春したい」は地味で友達もいないメガネ女子が、クラス一のイケメンの彼女のふりをすることになって!? というお話です。

「影野だって青春したい」ネタバレ

地味女子がイケメンの彼女のフリをすることに

影野由輝はモテナイ歴15年、高校に入学してからは友達すらいない孤独な女子高生です。朝は用務員さんの手伝いで花に水やりをするだけ。

隣の席に座っている光永陽太は成績優秀、スポーツ万能のイケメンでいつも女の子から告白されている超モテ男子。目が合いそうになると、いつも目をそらしていましたが、ある日転んだ拍子に「友達の作り方」という本を持っているのを見られてしまい、ぷっと笑われてしまいます。

隣のクラスのモテカワ女子・雨宮麗奈が陽太に告白してきたものの断り、なぜか陽太は由輝の手をとって「俺、この人が好きなんだよね」とクラスのみんなの前で大告白。・・・とおもいきや、真相はモテすぎて女子がうるさいから、由輝に彼女のふりをしてほしい、と頼んできたのです。

女子たちからの嫌がらせ攻撃

彼女を作る気がない陽太は、まったく彼に興味を示さない由輝を見て、盾になるとふんだのでした。友達になる代わりに彼女のふりをしてあげることになりますが、女子たちから目の敵にされて由輝の高校生活はハチャメチャになります。

雨宮麗奈は取り巻きを連れて「影野のくせに」と、地味でダサい由輝がイケメンの彼女になることを許せず、さまざまな嫌がらせを開始します。消しゴムをBB弾の代わりに詰めてぽこぽこ当てられたり、水鉄砲で打たれたり「光永くんに近づくなブス」と罵られます。

陽太はそんなひどいめにあった由輝を見て謝り、彼女のふりをもうしなくてもいいと言いましたが、由輝は陽太が本当に困っていると知って「わたしがお守りしますので」と、自ら女子たちの盾になると決めます。

感想・友情から恋愛へ?

そして彼女たちに囲まれてボコボコにされますが・・・陽太が出てきて「このこになんかしたらタダじゃおかないから」とお姫様抱っこ♡

陽太は彼女は欲しくはないけれども、由輝とは「友達になりたい」という気持ちは持っており、自然に友達として大切にしてくれるようになります。友達がいなかった由輝は、陽太と親しくなって「青春している」と感じたり、陽太が少しずつ大事な人だと思っている様子なのがかわいいです。

ネガティブだけど一生懸命で素直なメガネっ子・影野由輝。すごく応援したくなるヒロインです。