漫画好きの読書箱

好きな本や漫画のネタバレと感想。

漫画 甘々と稲妻1巻「制服と土鍋ごはん」ネタバレ感想 雨隠ギド

雨隠ギド先生の漫画「甘々と稲妻」1巻のその1「制服とどなべごはん」ネタバレと感想です。月刊「good!アフタヌーン」誌上で大人気作。

やもめで一人娘を育てている数学教師が、教え子と一緒にご飯を作って3人で食べる、というほのぼの系なお話です。

「甘々と稲妻」1巻「制服とどなべごはん」のネタバレ

父娘ふたり暮らし

半年前に妻をなくした数学教師・犬塚は、5歳になる娘のつむぎの子育てで大忙し。保育園に預けながら仕事をするので精一杯で、まともな料理をつくれません。

娘のために料理をしてみたものの、つむぎのおいしくなさそうな百面相を見て手作りは断念。ほか弁と外食でなんとか父娘ふたり、食いつないでいます。ある日の休日、つむぎとふたりでお花見にでかけたところ、お弁当を食べながら泣く少女と出会います。

母親の手作り弁当が美味しいから泣けるのだ、と言い、その少女・飯田小鳥は母がやっている店の名刺を渡して「食べに来てください」と誘います。

食卓の危機!

ある夜帰宅すると、つむぎがおいしそうな料理を作っているテレビ番組の画面にかぶりついて、まともな食事に飢えていることを知ります。

小鳥からもらった名刺に電話して、「娘においしいものを食べさせてやりたいんです!」と店に駆け込む犬塚。お店は今日は休みだったため、小鳥が店で待っていて「私だってお米くらい炊けます!」と、見るからに料理初心者でした。

娘に寂しい思いをさせていた

つむぎは「おとさんとごはんたべるのひさびさね」と言い、家庭でひとりだけお弁当を食べてさせてさみしい思いをさせていたのだと、犬塚は思い当たります。

土鍋で炊いた、炊きたてホカホカのご飯。おかずをのっけるだけで、つむぎはおいしそうにパクパクと食べてくれます。これからはいっしょにおいしく食べような、という犬塚につむぎは大喜びして抱きつきます。そして小鳥はある事情から「私とご飯をつくって一緒に食べてほしい」とお願いしてきます。

「制服とどなべごはん」の感想

妻を亡くしてやもめになった父親が必死で娘を育てようとしている姿、そして女子高生で何やらワケありの飯田小鳥との出会いが描かれていました。

料理漫画に分類される作品ですが、「おとさん」である犬塚が娘においしいものを食べさせてあげたい、という気持ちから料理を始めているため、すごくほっこりした気持ちにさせられます。

たまにはコンビニ弁当もおいしいですが、毎回では味気がなさすぎるもの。つむぎちゃんはおとさんと一緒にごはんを食べたいなーといつも思っていて、手作りの温かいおいしさに飢えていたんですね。食事、というのは単にお腹に詰め込むことではなく、誰かと一緒に食べて味わうことが大切なんだ、と伝わってきます。

たとえ土鍋で炊いただけのご飯でも、できたての温かいごはんを三人で食べるのは最高、という回でした。