AIの遺電子 ネタバレ感想 山田胡瓜

山田胡瓜先生の漫画「AIの遺電子」は、知性を持ったAIが「ヒューマノイド」として人口の少なくない割合を占めている未来のお話です。 人格や心を持つヒューマノイドたちには、人間と同等の権利が与えられ、結婚もできるし見た目ではわからないくらいに似ている。頭を損傷しない限り死なないけれども、「コピー」は許されな…